ざっくりしか読めていない人は入門英文解釈の技術70を今すぐやれ

入試情報&攻略

こんにちは、ゆうたろうです。

本記事は英文解釈の技術という参考書についての記事です。特徴や使い方、そしてこの参考書が終わったら何をするべきか?まで書いていきます。

この参考書がどういう人におすすめかというと・・・

  • 模試の英語の質問が正確に読み取れない。
  • 英語の長文が苦手で手をつけたくない。
  • 単語はわかるのに、長文が読めるようにならない。

という人におすすめする参考書になります。

僕は、現在、塾講師6年目。比較的早めに高校生責任者として任されています。実際に多くの子供達を見てきて推薦している参考書なのである程度、信憑性がある記事になっています。

ちなみに、他のおすすめ長文参考書が知りたい人はこちらをどうぞ!

この記事の最後にリンクを貼っているので、記事を読んでいいね!と思った人は迷わずポチりましょう。

では、本題にいきます。

【PR】

ざっくりしか読めていない人は入門英文解釈の技術70を今すぐやれ

How people will react when robots reject commands is another open-ended subject for research. 

ロボットについての記事より

さて、この文章が読めますか?単語は調べてもOKです。

比較的簡単な文です。読めないければレベルはまだまだです。ぜひ、入門英文解釈の技術70で理解しましょう。

なぜざっくりしか読めないのか?

ちなみに答えは

ロボットが命令を拒否する時に人々がどう反応するかは、もう一つの難しい研究テーマである。

という訳になります。

単語が分かっても、読めなかった理由は文構造が理解できないからです。例えば

  • SVOCをつけられない。
  • 接続詞のhowなのか、関係副詞のhowなのか分からない。

といったことが起きています。この参考書はそんなことを全て教えてくれる参考書です。

入門英文解釈の技術70の特徴

さて、入門英文解釈の技術70の特徴を書いていきます。

  • 例題70問、演習問題70問と短時間で完了できる。
  • 一つ一つSVOCの区分けなど、詳しい解説つき。
  • 難易度は共通テストレベル。

という特徴があります。

実際に使ってみるとわかりますが、かなり丁寧に解説がしてあるので、誰かに質問する必要もないくらい自分一人で解けるように仕上がっています。

入門英文解釈の技術70の使い方

  • 例題のみ70問解き切る。
  • 単語は調べても良い。
  • 間違えたページには印を打ち、2周目を行う。
  • できたものは演習問題に進む。

例題のみ70問早めに解き切りましょう。2週間〜1ヶ月くらいで1周さらっとできるといいペースです。

✔︎単語は調べてOK

この参考書を使う理由は「文構造を理解する」ことです。

単語はもちろん大事です。

一方で大切なことは、単語が分かっても読めない部分を潰すことが文構造を理解する上で大切になります。

入門英文解釈の技術70の口コミ、レビュー

構文理解に最適。

「入門編にしては単語が難しくないか?」という意見もありますが、恐らく敢えてそうしているのでは。

というのは、構造をしっかり理解して前後の文脈を考えれば、「知らない単語でも推測する」ということも出来るようになってきます。

簡単な単語や構造ばかりの英文解釈書もありますが、このくらいのレベルの内容はないと到達点があまりにも低くなると思います。

ただ、例えば中堅未満の私大や専門学校等を受けるような学力であれば確実にオーバーワークでしょうね。

amazonレビューより引用

単語を調べてOKと言いましたが、このかたが言っていることが正解です。

とはいえ、分からない単語がその文章に4個も5個もある場合はなかなか予想は難しいです。そういう時は単語も調べてOKです。

私は英語で偏差値50を超えたことがなく、やっておきたい300(河合出版)すら読めませんでした。しかし、技術70の例文を1課につき500回以上音読し、解説を完璧に理解した結果、早慶の英文、やっておきたい1000の英文までもスラスラ読めるようになってしまいました。技術100はやっていません。

500回以上できたということはおそらく高2くらいからやり始めたんですかね。500回はやりすぎですが、それくらい重宝できる参考書です。

ちなみに技術100というのは

表紙が入門とほぼ一緒なので、購入する際はご注意を!

これは、早慶、上智などの英語の超難関校以外は手を出さなくてもいいでしょう。

さて、ここまで読んで、これは買いだ!と思った人は今すぐポチりましょう!

✔︎受験生は時間が一番大切

買おうかどうか悩んでいる人!1500円を悩んでポチれない人は時間の無駄です。

さっさと購入して勉強を始めて志望校に向けて1歩ずつ進んでいきましょう!

【PR】

入門英文解釈の技術70の次に解くべき参考書は??

さて、次に解く参考書や一緒に行っていきたい物を紹介していきます。

やっておきたい英語長文300

こちらは共通テストレベルの問題が収録されている長文の参考書になります。

文構造のものと一緒にやっても良いし、1周終わった後に行ってもOKです。

やってみるとわかりますが、自分の中で、読んでいくときにSVOCというのがどんどんと出てくるようになります。

まずは、共通テストレベルの問題をきちんとできるようになりましょう。

✔︎見栄をはって500を買わないこと

やっておきたい英語長文500というものもありますが、これは二次試験の基礎レベルの問題がでます。

共通テストレベルの問題ができていないのに行うと手も足も出ません。気をつけてください!

【PR】

ざっくりしか読めていない人は入門英文解釈の技術70を今すぐやれ:まとめ

さていかがだったでしょうか?

よくある間違いは、入門英文解釈の後に、基礎の方に移動などという意味のわからない情報も出回っています。

基礎は本当にレベルが高いです。まずは共通テストレベルの長文を読めるようになるのが先決です。

世の中にはたくさん情報がありますが、騙されないようにしてください!

では以上にします。

✔︎役に立った!という人はフォローお願いします!