受験生は彼氏、彼女がいると合格しない!?恋愛のメリットデメリット。

入試情報&攻略

こんにちは、今日は恋愛ネタで書いてみようと思います。ゆうたろうです。

さて、今回は

  • 現在高校2年生or中学2年生だけど、別れる必要ある?
  • 受験と恋愛を両立するにはどうしたらいいのか知りたい。
  • うまくいくためのコツがあれば教えて欲しい。

と言う人に向けて書いていきます。

現在塾講師ですが、恋愛は大いに推奨しています(笑) そのため、恋愛相談などにも乗ることがあります。

そして受験中の恋愛も「自制」できるなら推奨しています。ちなみに僕も高校入試、大学入試と同じ人と付き合って、乗り越えてきた経験もあります。

受験期にどのような恋愛における悩みや、それを解決してきた子供たちを見て、学んだことや実体験も含めて書いていこうかと思います。

【PR】

受験生は彼氏、彼女がいると合格しない!?恋愛のメリットデメリット。

結論から言うと、彼氏、彼女がいても合格するパターンもたくさんありますし、たくさん見てきました。

まずはメリット・デメリットを見ていきましょう。

受験生のカップルのメリットとは?

受験生のカップルのメリットについて書いていきます。

彼氏彼女がいるとお互い励まし合える。

受験生でカップルの場合、どちらも目標があり、それに一緒に向かっているため、感情を共有しやすいです。

彼氏、彼女の器の大きさによっては、誰よりもいい理解者になってくれます。

長い受験勉強の中で、気持ちが良い日もあれば、悪い日もあります。

その時に心のよりどころがあるのは大きなメリットと言えるでしょう。

彼氏彼女がいると勉強を教え合える。

子供たちの中には先生に聞くことができないという人も多くいます。

先生がそれに気づき声をかけてくれればいいですが、学校の先生も多忙のためそこまで手が回らないのが現状です。

そのため、彼氏彼女が一番聞きやすいという人も多いです。

彼氏、彼女の好きな科目や得意な科目が違う場合はとてもいいメリットになるかと思います。

彼氏、彼女がいると自己成長につながる。

これは僕が良く思う事です。デメリットも含めて恋愛では多くを学べます。

社会人の人はよくわかるかと思いますが、結局どの仕事も他者への思いやり、気遣いです。

  • この人はどんなことをしてあげたら喜ぶか?
  • どんな話を聞いてあげれば元気になるか?
  • 今何を考えているのか?を予測してあげる。

などは将来的に役に立つなと思っています。そして、恋愛では一人の子に対してたくさん考える機会なので、とても良い機会です。

受験はとにかく厳しいです。一方で、その厳しい中でも恋愛も両立できるというのは本当にすごいことだと思います。

今自分に大切な彼氏、彼女がいる人は頑張って乗り越える気持ちを持つことをお勧めします。

受験生のカップルのデメリット

さて、受験生のカップルのメリットを説明しましたが、デメリットも加えて知っておきましょう。

彼氏彼女がいると勉強以外の時間がかさみやすい

例えば

  • LINEのやり取り。
  • 休日のデート。
  • 電話のやり取り。
  • 一人でいても彼女、彼氏のことを考えてしまう。

ということがあげられます。

好きだからこその行動ですが、少しずつ控えていった方が良いでしょう。

特にこの中でも一番よくないのはLINEと電話です。これを1時間、2時間と行う人はいませんが、気になり続けてしまい、集中できないという人は多くいます。

そのため、LINEをするのはこの時間帯、電話はこの時間帯のみと決めておくといいでしょう。

彼氏彼女がいると勉強以外の悩みが増えることもある

例えば、彼女が勉強に伸び悩んでいるということについて自分のように悩んでしまう人もいます。

例えば、別れを告げられたらどうしようと不安になることもあります。

例えば、どこにデートに行ったら喜んでもらえるかと考えてしまうこともあります。

全て悪いことではありません。

一方で、勉強にとってはあまりプラスなことはないですね。全ての時間を勉強に費やしている子の方が、点数は上がりやすいといえます。

彼氏彼女がいると依存しやすい人は注意が必要

良く、彼氏ができたり、彼女ができたりすると頭がその人でいっぱいになってしまう人もいます。

そんな人は要注意です。

高校受験や大学受験で人生が決定するということはありません。ただし、向こう3年、4年は変わります。3年、4年変わるっていうのは結構大きなことです。

正直恋愛において、依存体質もうまく相性が合えば、悪い部分だけではありませんが、受験と言うことを考えるとあまり良い事ではないでしょう。

【PR】

受験生が彼氏彼女と長続きするコツ

さて、受験生が彼氏彼女と長続きするコツですが、3つ出しましたので、ご覧ください。

彼氏彼女がいる人は3月にはルール決めを

受験の最中にルールを決めるのではなく、受験に入る前段階でルールを決めておきましょう。

例えば

  • 学校が同じ場合は○曜日に一緒に帰る代わりにLINEはしない。
  • LINEは22時から20分ほどまで。
  • デートは2ヶ月に1回。
  • 勉強を一緒にするときは、勉強1時間、休憩10分のサイクルを一緒に回す。
  • 模試の結果は見せ合って競争する。
  • 悩み事ができたときは当たるのではなく、打ち明ける。
  • ルールを破った時の罰ゲームを付ける。
  • 今年の誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントはなし。

といったように上記は一例ですが、参考にして決めてくれるといいかなと思います。

大切なことは、頻度が高いものについてはきちんとルール決めをしておくことです。

デート、LINE、電話などについてはきちんと決めておきましょう。

距離感

距離感はとても大事ですね。受験生なので、毎日一緒にいることはできません。

一人でいても、大丈夫という人の方が受験における恋愛は向いているかもしれません。

ずっと一緒にいたい!という人もいるかもしれませんが、1年間は我慢できるようなルールや心構えにしましょう。

大学生活、高校生活の話をする。

受験で苦しいからこそ、将来の楽しい話をしましょう。

  • 大学生になったら旅行を一緒にする!
  • 高校生になったら一緒に通学する!
  • ○○に遊びに行こう!

と二人の約束を増やしていくと、会えなくても、辛くても頑張ることができます。

【PR】

受験生で彼氏彼女がいない人は・・・

僕は、恋愛は推奨派ではありますが、今から無理やり作る必要はありません。(笑)

確かに良い事もありますが、一方で、うまくやっても結局別れてしまった・・・というカップルは結構見てきました。

また、あまり夢がないことを言うなと怒られてしまうかもしれませんが、

高校生活に付き合っている子が最後まで言って結婚となったケースは今まで見たことがありません。

僕の高校は360人いますが、その中でも1組もないです。

確率的には1%もないんじゃないかな・・・とも思います。

大学生、高校生になったら作るぞ!くらいにしておきましょう。

良いところもありますが、受験においての弊害も結構あります。強引に作りに行くのは辞めましょう。

【PR】

受験生は彼氏、彼女がいると合格しない!?恋愛のメリットデメリット まとめ

さて、まとめです。

まず、今付き合っている人は、受験くらいで別れようかなと考えるのは器が小さすぎます。

受験と一緒にもっと仲を深めてやる!くらいの気持ちで行きましょう。

大事なことは

  • ルールを作る。
  • 距離感をきちんととる。
  • 未来の楽しい話をする。

の3つです。

今高2で悩んでいる人も、高3の受験中の人も参考になればと思います(#^.^#)

相談・質問などあれば下のボタンからどうぞ(*´з`)