【高校生の親】【学費】国公立か私立どのように大学選びをしたら良いのか?

入試情報&攻略

今回は高校生の親さん向けに国公立か私立かということを学費や生活費という面でどうやって大学選びをしたらいいかお話しさせていただきます。

大学選びをする際に、考えることは「学費」「就職」そして「通えるか、通えないか」ということだと思います。

そんなことをトータルして大学選びをブログに書いていければと思います。

ちなみにお金に関しての記事で、受験に準備が必要なお金については以前のブログにも書いてあるのでこちらも併せてご覧ください。

国公立の学費と私立の学費を理解した大学選び

国公立の学費と私立の学費を見ながら大学選びをしていくという話しをした時には当然ながら国公立の方が良いという話しになります。

では4年間で一体どれくらいの学費がかかるのか?ということも見ていきましょう。

大学学費
国立の学費242万
公立の学費254万
私立文系の学費322万
私立理系の学費445万
私立医歯薬の学費*1746万

*医歯薬とは医学部、歯学部、薬学部の略です。

*医歯薬に関しては6年間大学に通わなければいけないので、6年分の計算をしてあります。

上記の表を説明すると、まず、国立はどの学部でも学費は変わりません。

公立に関してはその地方によって異なりますが、基本的には254万という学費から大きく変わるということはありません。

一方で、私立大学については大学、学部、学科によって大きく異なります。例えば私立文系は平均322万と記載してありますが、語学系の学部に関しては少し学費が高い傾向にあります。

英語での研修などが含まれているので、恐らく高めに学費が設定してあるのだと思いますが、大事なことは、大学、そして学科によって学費が違うので、大学別にきちんと確認し大学選びをする必要があるということです。

また、ご覧の通りで、私立理系の学費はやっぱり高いです。理由は実験などを行う為、実験器具の値段や、設備費・施設費なども全て含めてあるため学費は高くなります。

医歯薬の学費はさすがで6年間で家が建つレベルですね。。。

理系の工学部は4年間の大学+2年間の大学院に行く学費まで考慮した大学選びをする

工学部が6年間通うことを知らない人も結構多いです。

理系の工学部については大半が4年間の大学+2年間の大学院に行く学生がほとんどです。

ちなみに僕も名古屋工業大学に通いましたが、8割、9割くらいの友人は大学院に進んでいきました。

*僕は自分に合うのは工業系ではないなと振り切り文系就職しました。

大学院に進む理由は「仕事内容」が異なる企業があるからです。

例えば僕の友人で大学4年間でトヨタに進んだ人と、大学院まで行きトヨタに行った人がいますが、

大学4年間の友人は工場をいかに効率良く回すか、いわゆる「カイゼン」業務を行っている友人と

電気自動車の無線充電などの研究を行っていることと分かれていました。

つまり、研究をしたい人は大学院まで進む傾向にあります。理系に進んだからには研究がしたいという学生が多いため、結構大学院まで進みます。

そのため、理系工学部志望の親さんの大学選びは6年間で考え、445万+200万ほど上乗せの645万の学費と見積もっておいた方が良いです。

国公立と私立の就職のしやすさの違いを理解し大学選びをする

ここの部分もきちんと考える必要があります。

僕の指導している子供たちは大学に進んでからも塾に遊びに来てくれたり、就職の相談などをしてくれますが、

肌感覚で話をすると地方の国公立に通うよりも都市の私立大学に通った子の方が大企業への就職をしているように感じます。

例えば僕は東海圏の人間なので、静岡大学や岐阜大学といった例をあげるとそれらの大学への進学よりも

愛知県内にある名城大学、愛知大学の方が就職が強い傾向にあります。

就職率という数字の罠に騙されない大学選び

大学選びをする際に見る点は「就職率」だと思いますが、

どこの大学も「就職率95%!」のような数字を出していますが実は就職に失敗した人を除いて95%としていることが多いです。

「え、意味わからない。」と思った人も多いと思うので、説明すると

例えば

  • 就職できなかったらしょうがなく、専門学校に進んだ。
  • 就職できなかったらしょうがなく、 大学院に進んだ。
  • 就職できなかったらしょうがなく、 公務員試験に舵を切った。

と言った人は就職希望者ではなく、進学希望者だからという理由で除かれて計算されています。

また、アルバイト、契約社員とった非正規雇用なども含んだ数字で95%としています。

そのため、親さんや子供たちが想像している大企業への就職率といったものを算出するとものすごく少ないということも良くあります。

正確な数字を知る術はないので、色々な学生をみたり、僕みたいな塾講師に話を聞いた肌感覚の方がよかったりします。

実家から通うのか、一人暮らしをするのかを考えた大学選び

色々な子供たちを見てきましたが、通えるのは片道2時間が限界かなと思います。

片道2時間半とかになると往復5時間かかることや、だいたい大学の始まりは8:30~9:00なので、2時間半かかるとすると5時くらいには起きていないときついです。

また、高校の先生は「国公立」の数字を伸ばしたいと考えているので、国公立を押してきます。

そのため、「一人暮らしをしながら国公立もいいぞ」という先生もいますが、当たり前ですが、大学によって違います。

ちなみに仕送りの平均金額は平均7万円と言われています。つまり、年間84万円そしてそれが4年間なので、336万円ほどかかります。

つまり、私立文系の学費と同じくらいかかると言う事です。

そのため

地元の国立の学費242万
地元の公立の学費254万
地元の私立文系の学費322万
地元の私立理系の学費445万
一人暮らし+国立の学費578万
一人暮らし+公立の学費590万
一人暮らし+私立文系の学費668万
一人暮らし+私立理系の学費781万

上の表を見て大切なことは、地元の私立の学費より、一人暮らし+国公立の学費の方が高いと言う事です。

もちろん、有名国公立大学に受かる学力があり、一人暮らしをするというのは全然OKです。

一方で、そういった国公立に受からないから、地方の国公立大学を受験しようとしている場合は、要注意です。

地方の国公立大学はむしろ、都市の私立大学よりも就職が弱い可能性もあります。そのため、わざわざ高いお金をかけて、就職が弱い大学に通うという事になります。

家庭の経済状況を考えて先に言っておく

僕が大事にしていることは「先に言っておく」という事です。

良くあるのは最初は「行きたいところに行きなさい」と言っていたけど、

高3の夏くらいに「やっぱり国公立しかだめよ」とか「一人暮らしはだめよ」と言ってしまうパターンです。

これは今まで見てきましたがほぼ揉めます。

そのため、経済状況をきちんと見て「一人暮らしはだめ」とか、「私立はだめだからね」と先に

子どもに伝えておくことが大切です。

まとめ

大学選びは「学費」だけ見ても、「就職」だけ見てもダメです。

学費、就職、子供たちの得意科目、などなど多くのものみて、考えて決定する必要があります。

そのため、高校入試よりもかなり決めたり、考えたりするのが難しいです。

やはり大学選びで大切なことは情報です。これをどれだけ持っていて、どれだけ考えて大学選びをできるかで大きく変わります。

このブログを読んで、多くの情報を持って決定する足掛かりにしてください(^^♪

相談、質問などあればTwitterのDMまで

それでは以上にします。