総合英語 Evergreenは質問するのが苦手な子におすすめする理由。

入試情報&攻略

こんにちは、ゆうたろうです。

今回は、Evergreen(元forest)についての記事を書いていこうと思います。

  • 学校からEvergreenをもらったけど使い方が分からない。
  • Evergreenいいよ!と聞いたけど、本当に良いのか口コミを知りたい。
  • どんな人がEvergreenを使うべきなのか知りたい。
  • 質問するのが苦手な人はEvergreenってどういうこと?

こういった疑問がある人に向けた記事になります。

本記事は、現役塾講師で高校生責任者を行なっている僕が解説します。高3の授業はもちろん、テキスト選定、進路指導なども行なっているので、価値ある記事になっていると思います。

この記事を読んで、Evergreen良いねとなった人は最後にリンクを貼っておくので、ポチってすぐに勉強を開始しましょう。

【PR】

総合英語 Evergreenの使い方、口コミ、レベルなどを現役塾講師が紹介!

さてEvergreenは猛烈な良書ですが、子供たちを見ていると「その使い方はヤバイ・・・」と思うことが多々あるので、紹介します。

Evergreenの使い方

結論から伝えると、Evergreenの使い方は辞書のように使うのが正解です。

つまり、Evergreenだけじゃなくて他の参考書も一緒に使っていくものになります。

他の問題集を勉強しながら、もっと補足が欲しいと言う場合にこのEvergreenを使って勉強して行くのが

それが、結構子供たちを見ていると、そのまま問題集のようにして使っていることが多いです。

では、なぜ、そのような問題集のように使っちゃダメなのかを説明します。

  • Evergreenは中学生〜TOIECまで網羅した文法書。
  • 難しすぎる問題も多々あり。
  • 問題数が多すぎて暗記するのには向いていない。

✔︎Evergreenは網羅系の文法書

Evergreenはとにかく中学生の文法から難易度の高い問題まで含まれています。

何も考えずに、一から進めて行くとあまりにも効率が悪いです。

別の参考書の解説を読んでも分からなかった場合に辞書のように探りながら読んでいくイメージです。

✔︎難しすぎる問題も多々あり

先ほど申し上げたとおり、TOIECといったビジネス英語、大学で学ぶようなアカデミックすぎる問題も入っています。

明らかに大学受験にはオーバーワークです。

ただし、逆に言うと、Evergreenに書いていない文法はないと言えます。

だからこそ、辞書的に使うことが大切です。

✔︎問題数が多すぎて暗記には向かない

国語辞典を暗記しようとする人はいないですよね?当たり前ですが、ほとんど使わないような言葉も出てきます。

また、特に高校3年生は1周するので精一杯だと思います。

私立文系、英語が一番大事と言う人は全部覚える!くらいの力でやってもいいかもしれませんが、それ以外は絶対に全暗記すると言うのはやめてください。

Evergreenのレベル・使うべき人

Evergreenは全部を網羅している文法の辞書になるので、全ての人が使っていい参考書です。

そして特に使って欲しい人は

  • 先生に質問するのが苦手。
  • 塾に通っていない。
  • 英語の先生がわかりづらい。

と言う人に猛烈におすすめします。

✔︎文法の辞書と称されるだけあり、全てが載っている。

なんか、分からんな〜と思った時に、Evergreenを使って下さい。必ずそこには答えがあります。

しかも、イラストも付いており、イメージがつきやすく、わかりやすいです。

そのため、分からないことがあっても、Evergreenで解決することができます。

先生に質問するのが苦手っていう子って結構多いと思いますが、そういう子はこれを購入して、自分で勉強できる環境づくりをしましょう!

Evergreenの口コミ、レビュー

あいうえおフォニックスで発音を学び twitterでも仲間を見つける Evergreenで文法学んで Skypeで英会話して YouTubeで英米の番組もみて 漫画も英語にして楽しみ NHK Worldで国内の時事も英語で あれ、留学行けなくても力つけられる気がしてきたぞ! だから留学したいけど行けない人、一緒に頑張ろう!

Evergreenはやはり、受験にも、日常英会話にも活きるレベルの参考書です。

受験で使うもあり、大学生になっても、社会人になっても使える1冊です。

分かりやすく、段階を踏んで構成されているので「なぜ?」と思うことがなく理解を深めることができました。日本語で捉える英語の文法集という意味では、この一冊が有ればいいのではないかと思います。

Amazonレビューです。Evergreenには難問も掲載されていますが、解説自体は本当にわかりやすいです!

辞書であり、かつ非常にわかりやすい参考書!

参考書、演習、音で鍛える…と、3冊にわたっていたForestと違い、音声DL付きというのは嬉しいところ。

内容自体はForestとほぼ同じですが、”確認する”という新しいステップがついたことにより『受験英語』の参考書としてはより進化したと言えるのでは。

Forestに思い入れのある人には不評のようですが、内容だけ見ればForestの完成度を高めた良書です。

共通テストになり、リスニングも大事になってきたところでの、改訂で音声も聴けるのがevergreenです!

他のamazonレビューを見ると、Forestと比べて紙がうすいなどのレビューありましたが、内容に関してはForestと大差ないので、良い口コミでいっぱいです。

良いなと思った人はポチりましょう。

【PR】

総合英語 Evergreenと併用するのに適した教材は?

さて、辞書としてEvergreenを使うというのはわかったと思います。じゃあ、併用して、どんな参考書を使ったら良い?という質問もありそうなので、書いていきます。

旧帝大までならUPGRADE

こちらも網羅系の文法問題集になります。

共通テストから二次試験の問題まで多くの問題が収録されています。

解説もわかりやすいですが、ちょっと少ない印象です。そのため、Evergreenでその弱点を補いながら進むと良いでしょう!

早慶、東大、京大なら英文法ファイナル問題集 標準編・難関大学編

オススメです!ただし上の参考書も注意点があります!

  • あくまで、確認用のテキスト
  • UPGRADEが8割、9割できるようになったら利用
  • やるとしたら共通テスト後

さて、ファイナル問題集は分野別に出題されておらず、ランダムに出題されます。

そのため、入試や模試と同じ形式で、どれくらいできるようになったのか?が確認できる問題集です。

つまり、最初からこの参考書ではなく、UPGRADEなどを挟み、本当にできるようになった?という確認用に使いましよう。

【PR】

総合英語 Evergreenの使い方、口コミ、レベルなどを現役塾講師が紹介!まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

✔︎別の文法書が見たいという人はこちら

✔︎この記事を読んで、良いね!と思った人はTwitterのフォローもお願いします。