岐阜県高校入試の平均点から読み解く、攻略方法を現役塾講師がご紹介!

中学校

こんにちは、ゆうたろうです。

本日は岐阜県の公立高校入試の攻略法をご紹介致します。本記事は

  • 岐阜県公立高校入試の平均が知りたい。
  • 学年別で入試に向けてどのような勉強をしたらいいか知りたい。
  • どの科目を重点的に勉強したらいいか知りたい。

という人に向けたものになります。

 現在塾講師6年目、すでに5回の受験を行ってきましたが、180人ほどみて、まだたった2名しか不合格者を出していません。

 きちんと戦略を立てて、勉強をしていけば入試で合格点を取ることも可能です。
では、本題に入っていきましょう。

【PR】

岐阜県高校入試の平均点から読み解く、攻略方法を現役塾講師がご紹介!

 結論から言うと、岐阜県の公立高校入試は数学がとても難しい問題になります。
だから、どのように対処していけばいいのか?ということを説明していきます。

岐阜県公立高校入試 平均点

国語数学英語理科社会合計
2017年度7741566665305
2018年度6651576962305
2019年度7754626562320※

※全受験者の20分の1の点数の平均を取ったとの県教委員からの記載がありました。多少のデータのズレはあるかもしれません。

 さて、平均点から見てもらってもわかりますが、最初に書いたとおり、数学が一番難しいですね^^; そして次に英語が難しいのがわかります。

 平均はとても大切なのですが、それと同じくらいに大事なのが点数の分布図になります。
 2019年度の図を下に載せておいたので、一緒に見ていきましょう。

国語

岐阜県公式HPより

 この図は点数毎に何%の子どもたちがいるかがわかります。例えば、60~69点の間には全体の14.3%の人がいるということになります。

 さて、平均点が高い国語になります。見てみるとすごい分布ですね。なんと、70点~100点の間で全体の70%の人がいます(・o・)

 ということで、平均点は77点と聞くと、真ん中が77点で、60点や50点の子供もたくさんいると思ってしまいがちですが、ほぼ70点以上にいるめちゃくちゃ簡単なテストということですね。

数学

岐阜県公式HPより

 先程の国語とは打って変わります。数学の平均点は54点でしたが、約65%は70点以下という数字です。
 そして、90~100点に関しては全体の4%くらいしかいません。そのため、数学の戦略としては、進学校組は100点を目指す戦いではなく、70点を目指す戦いをする。

 その他は60点を目指した勉強をすることが大切です。

英語

岐阜県公式HPより

 実は岐阜県の入試の英語はとても大切な科目です。理由は後にも出てくる理科、国語は比較的簡単なので、点数の差は開きにくい科目です。
 また、数学も難しすぎるので、まぁまぁ得意だよというレベルの子では90点といった点数はなかなか取れません。そのため、だいたい50点~70点というところに集まる傾向にあります。
 一方で、英語は90点~100点が一番多い20%ほどの人がいる一方で、20~89点までは横ばいの傾向です。
 そのため、英語が得意な子は他のこと大きく差をつけることが可能です。

理科

岐阜県公式HPより

 先の英語でも書きましたが、理科は比較的簡単です。その証拠に50点以下という子は20%ほどしかいません。
 ただし、理科は覚えることが膨大にあるので、1年間を通してきちんと点数が取れるように勉強する必要がある科目ですね。
 余談ではありますが、理科はどの単元が出るかはだいたい予測が可能です。そのため、僕は毎年テストの2ヶ月くらい前に子どもたちに予想を伝えます。
 そしてそこを重点的に勉強させると、最後の当日のテストが最高点ということもよくありますね。

社会

岐阜県公式HPより

 社会も見てみると、60~69点の層が多いです。
 とはいえ、60点以上に60%の人がいるので、他の科目と比べると取りやすいです。

 数学、英語のように難しくなく、国語のように簡単すぎる問題でもないです。そのため、ここを取れるかどうかで他の子達と差をつけるかどうかが決まります。

岐阜県公立高校入試 平均点まとめ

  • 数学はとにかくむずかしい。
  • 国語、理科は必ず取りきらなければいけない科目。
  • 英語、社会は差がつく科目。ここが強くなると受験が楽になる。

 まとめると、上の3つです。平均から見ても300点以上はだいたいあるので、ぶっちゃけそんなに難しい問題ではないです。
 ただし、上の特徴のようなものを理解して、勉強していかなければ受験で勝つことは難しいです。
 まだ良くわかってないという人は大事な情報なので、きちんと読んでおきましょう。

【PR】

岐阜県公立高校入試、平均から読み解く科目別攻略方法

 いきなりですが、まず「すべて頑張る」という意識を捨ててください。おそらく、「全部頑張る!」という子を見たときに思うことは「偉いね!」「すごいね!」「よく頑張ってるね!」だと思います。

 一方で、逆に言うと「合格のために最短で最高の結果が出るために考えていないから、全部頑張るしかないだけ」とも言えますよね。もちろん中学生でここまで考えさせるのは絶対に無理だからこそ、私たち塾講師が受験で勝てる戦略を示していきます。

 これから書いていくことは、普通は授業料を支払った子だけが聞ける内容の有料級の内容です、是非じっくり読んでいってください。

岐阜県公立高校入試 勉強法 国語

 上の平均点の章でも書きましたが、70点~100点の間に70%の人がいます。そこまで心配して対策をする必要はありません。過去問題集を購入して何年分か解いておきましょう。

 もしも冬の段階でまだ、お子さんがやっていない場合は、入試に死ににいくのも同然です。きちんと購入しておきましょう。

 ただし、国語に関して気をつけることが1つあるとすると作文です。これはきちんと対策をしましょう。理由は岐阜新聞テストでは行われないからです。入試から急に出てくるものを対策もなしに本番を迎えてしまうと簡単と言われている国語でもきついです。
 また、作文ごとに条件があり、その条件を満たして書かなければ0点になり、一気に10点失うことになります。
 国語は1限目なので、緊張のあまり条件を読まずに解いて0点ということがないように普段から意識して過去問題に取り組んでください。

岐阜県公立高校入試 勉強法 数学

 数学はとにかく難しいです。そのため、進学校ならまずは最後の問題以外がきちんと解けるようにしましょう。また、すべての人に当てはまることは、大問1の「小問集合」「確率」「統計」そして「証明」というのは比較的簡単な問題が多いです。
 

 数学が得意な子は絶対に落としては行けないところであり、苦手な子はここで点数を稼ぐしかありません。冬までは方程式や、関数の勉強を中心に行い、冬からは「確率」「統計」「小問集合」といった点数が比較的伸びやすい分野の勉強に絞って行いましょう。

 また、当日大切なこととして、とにかく「飛ばしていく勇気」を持ちましょう。難しい問題を一生懸命解いていて、気づいたら20分経っていて時間がないということはよく聞きます。
 解ける問題さえ解いていけば「受かる」という強い意思をもって頑張ってください。

岐阜県公立高校入試 勉強法 英語

 英語に関してお伝えすると平成31年度の問題を例にすると

第1問 リスニング  27点 
第2問 会話文    12点 
第3問 長文     12点 
第4問 長文     29点 
第5問 並べ替え問題  8点
第6問 英作文    12点  

 というような状況で、傾向は多少変わるものの、毎年上記のような配点で行われます。

 そして中でもいちばん大切なのはなんと言っても「長文」です。得点は41点分と全体の4割を占めます。そして長文を読むためには・・・当然ながら「単語」です。
 英語が苦手な子の大半は「単語」を覚えきっていないからです。直前期は暗記物で攻めたほうが点数が上がりやすいのはご存知のとおりだと思いますが、英語の場合は単語をコツコツとおぼえ続けると点数は伸びます。

 また国語同様英作文の対策をしましょう。もちろん、私たちの塾では英作文の対策も行っています。一番いいのは、何度も挑戦し、添削を繰り返すことです。
 もし、現在塾に通っているのであれば、何度でも添削をしてもらってください。そして、コツだけ伝えると大切なことは「簡単な文章を書く」ということです。

 英作文は減点方式で行われます。そのため、「間違わなければ大丈夫」なテストです。だからこそ、難しい文章を書いても意味がありません。とにかく簡単な文章を書いてきちんと点数を取っていきましょう。

岐阜県公立高校入試 勉強法 理科

 理科における勉強は、「是非僕の授業を受けて下さい!」と言いたいところですが・・・それでは意味がないので、ご説明します。

中1中2中3
生物植物人体遺伝
化学状態変化化学反応式イオン
物理力、圧力電気運動
地学地層天気天体

 中学生の理科は各学年4つの分野を勉強してきました。高校入試はこの4つの分野の中から一つずつ出題されます。

 「ん?どういうこと?」と思った人のために、一例として
例えば、生物分野は中1の「植物」、化学分野は中2の「化学反応式」、物理分野は中2の「電気」、地学分野は中3の「天体」といったように、出題されます。

 ということで、理科で大切なことは、分野別に順を追って勉強することが一番大切です。なぜかというと学年で勉強をしても、もしかすると1題も出題されない可能性もあります。
 一方で理科は生物分野の中1、2、3。化学分野の中1、2、3というように分野別で勉強していけば必ずどこかは入試で出題されます。
 特に直前期は「分野別」での勉強をおすすめしています。

岐阜県公立高校入試 勉強法 社会

 社会で大切なことは、記述式の問題をいかに解けるようにしていくかということです。
 そして、記述式の問題を解くためにはキーワードの組み合わせが頭に入っているかが大切です。


 例えば、織田信長→楽市楽座とか、豊臣秀吉→朝鮮出兵などのキーワードごとのつながりをきちんと把握をしましょう。そして、記述式で問われるのは「理由」です。
 一つ一つの事柄になぜ、そのことが起きたのか?なぜ、そういった行動をしたのか?というもう一つ深いレベルでの勉強を心がけましょう。

【PR】

岐阜県公立高校入試、平均点のまとめ

 さて、いかがだったでしょうか。勉強面のことも入っているので、かなり熱がはいって、5000文字の長編を作り出してしまいました。
 塾に行けない子、塾に行っていてもあまり先生と話ができない子、とにかく心配なお父さん、お母さんいろいろな方が見ていると思いますが、少しでも安心して受験に望んでいければ幸いです(*^^*)

では長くなったので、ここまでにします。

質問があれば、Twitterのフォローなどもしてくれると嬉しいです!