【参考書】数学 標準問題精講ⅠA・ⅡBの概要・使い方・レビュー

参考書

こんにちは、ゆうたろうです。

この記事では数学の標準問題精講の使い方を紹介していきます。

この参考書は

  • 国公立大学の2次試験の勉強を始めたい。
  • センター試験の勉強の合間に2次の準備を進めたい。
  • 高1、高2から、上のレベルの問題にチャレンジしたい。

という人向けの教材になります。

現在塾講師5年目、そして500人くらいの子供たちを見てきたので、信頼のおける記事になると思います。

色々な参考書の一覧を見たい場合は下記のリンクからどうぞ!

【PR】

【参考書】数学 標準問題精講ⅠA・ⅡBの概要・使い方・レビュー

この問題集は結論から言うと2次試験の標準的な問題が載っている問題集になります。

そのため、高3になりたてで、「センター試験の標準」と思ってこの参考書を掴むと最悪の状況になります。

この参考書を使うオススメの人は

  • 国公立大学の2次試験の勉強を始めたい。
  • センター試験の勉強の合間に2次の準備を進めたい。
  • 高1、高2から、上のレベルの問題にチャレンジしたい。

という人になります。

標準問題精講ⅠA・ⅡBの概要

上記のように、中身はシンプルです。

例題があり、精講という解説が載っています。また、シンプルに考え方をまとめてある解法のプロセスという部分もあるため、頭に入りやすくなっています。

解説も比較的詳しく載っているため、分かりやすい内容となっています。

数ⅠA数ⅡB
例題101題200題
演習165題300題

上の表を見てもらえれば分かると思いますが、とにかく標準問題精講は2次試験で解けなければいけない問題を集めてくれた問題集になります。

数学が難しい東大、京大、東工大や医歯薬はもう少し難しい問題集が必要ですが、それ以外の国公立大学に関してはこの問題集で十分合格できるレベルになります。

標準問題精講のデメリット

標準問題精講のデメリットは1点です。

それは計算などの詳しい解説はあまり載っていないと言う事になります。

やはり、「標準」と名がついているので、やさしめと思いがちですが、あくまで2次試験の標準になるので、

計算力がついていない人については解説が分かりにくいとなります。

もし、標準問題精講の計算の部分でつまづくようであれば、下の参考書を先に行うのが良いと思います。

標準問題精講のレベル

標準問題精講は数ⅠA、ⅡB、Ⅲと分かれていますが、

数ⅠAのレベルは受験基礎レベル、数ⅡB、数Ⅲはその名の通り標準問題が多く出題されています。

なので、数ⅠAは早めに終わらせておきたい教材になります。

また、このテキストはうまくできており最初は簡単な問題が多く、その後少しずつレベルが上がっていくものになっているので、無理なく進められる教材と言えるでしょう。

標準問題精講ⅠA・ⅡBの使い方

数学の点数を上げる為には、まずは暗記が大切です。

こう言うと、解説を横において、解けるようになるまでガーッと書きまくる高校生がいますが、そういうことではありません(笑)

標準問題精講の使い方は

  1. 問題を解く
  2. 解けなければ解説を見る
  3. 理解できなければ聞く
  4. 解説を見ずに再現できるか挑戦

という手順が大切です。

そして、高校生の勉強の効率の悪さは主に1と4に原因があります。

多くの高校生は問題を解くのに、何十分もかけて、問題を見て「う~ん」と唸っています。

解けなければ、3分、最大でも5分くらい考えて分からなければ答えを見ましょう。

そしてそれを見て解き方や解く手順を理解します。標準問題精講であれば「解法のプロセス」を問題とセットで理解し覚えます。

そして最後に4の解法を再現することが大切です。

多くの高校生は解説をみて、分かった気になって終わりです。しかし、こういう高校生は、次にこの問題がでてきても多くは解くことができません。

これが文系科目と理系科目の勉強方法の違いです。国語や社会は解説を読んで、それを覚えれば解けるようになりますが、

理系科目はそれを再現できるようになるまで行うということが大切です。

標準問題精講にある問題をきちんと完璧にできれば、2次試験の「解けなくてはいけない問題」は網羅できます。

応援しています(^^♪

標準問題精講ⅠA・ⅡBのレビュー・口コミ

分野別の標準問題精講もあります!大学によって必ずこの範囲から出題されるということはある程度分析をすれば分かります。

そんな時に、このように分野別の標準問題精講を使ってみてください!

チャート式に比べると、例題も類題も難関校レベルのものをそろえているので、ある程度の有名大学を受験する人たちにとっては非常にいい問題集だと思います。

amazonレビューより

チャート式も良い問題集ですが、この方がおっしゃっている通り、2次の問題は多くありません。

そのため、2次試験の勉強に限るのであれば、この問題集をきちんと解けるようになることが最大の近道になります。

チャートについての記事も書いているので、興味があれば、ご覧ください。

【PR】

【参考書】数学 標準問題精講ⅠA・ⅡBの概要・使い方・レビュー まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

高2でも、基礎はもう十分にできているという人であれば、今から解いても良い代物です。

難関大を目指すのであれば、高2の夏明けには取り組んでおきたい1冊です。

良かったらリンクから購入してくださいね^^

現在、どのテキストを使って勉強したらいいのか分からない。

どのような職業が自分に合っているのか分からない。

などなどの悩み、相談があれば、直接DM下さい。

では以上にします。