名古屋工業大学の倍率推移から見る、2021年度入試傾向予想!!

入試情報&攻略

こんにちは、ゆうたろうです。

今回は名古屋工業大学の倍率推移と2021年度入試の傾向を予想していこうと思います。

今回の記事は

  • 名古屋工業大学の倍率が知りたい!
  • 名古屋工業大学の今年度の入試がどうなりそうか知りたい!
  • 出願前に見る所を知りたい!

と言う人向けに書いています。

現在塾講師6年目、200名以上の校舎の高校生責任者として仕事をさせてもらっているので、まずまず信頼に足る記事だと思います。

名古屋工業大学の全てを知れるページに飛びたい!と言う人はこちらへ!

受験全般について知りたい人はこちら!

【PR】

名古屋工業大学の倍率推移から見る、2021年度入試傾向予想!!

まずは実際名古屋工業大学の倍率がどれくらいなのか?ということを知っていきましょう。

昨年だけではなく、2年前、3年前の倍率もきちんとチェックできるような記事になっています。

名古屋工業大学の倍率推移

名古屋工業大学の倍率推移を下の表にまとめたので、まずはじっくりと見てみてください。

学科H30H31R2
生命応用化学科 前期2.972.583.59
生命応用化学科 後期3.903.137.59
物理工学科 前期4.053.244.15
物理工学科 後期4.113.945.51
電気・機械工学科 前期3.622.683.37
電機・機械工学科 後期3.764.107.70
情報工学科 前期2.963.544.01
情報工学科 後期3.714.447.53
社会工学科(建築・デザイン) 前期4.363.144.17
社会工学科(建築・デザイン) 後期5.764.889.36
社会工学科(環境都市) 前期3.484.041.68
社会工学科(環境都市) 後期3.005.765.29
社会工学科(経営システム) 前期4.064.673.44
社会工学科(経営システム) 後期3.364.796.21
創造工学教育課程(材料・エネ) 前期5.053.571.95
創造工学教育課程(材料・エネ) 後期2.872.604.20
創造工学教育課程(情報社会コース) 前期4.644.432.64
創造工学教育課程(情報社会コース) 後期3.003.704.90

前年度に比べて倍率が上がったものは赤文字、倍率が下がったものを青文字でまとめています。

大体3.5~4.0くらいの倍率が乱立しています。つまり、簡単に言うと名古屋工業大学の入試は3人に1人、もしくは4人に1人しか合格しないということです。

名古屋工業大学の倍率の変化で分かることは、各学科の人気度、そして攻めの受験か、守りの受験だったかということが分かります。

名古屋工業大学の特徴として

  • 近くに同じレベルの国公立大学・私立大学がない。
  • 学科ごとに科目別の配点、センター:二次の比率などに変わりがない。

ということが上げられます。つまり、センターの結果で出願する科が変わった、この科目が得意だから○○学科を受けるということが少ない大学になります。

先ほど書いたように、名古屋近辺でどの学科に人気があるか?ということが分かります。

数字を見ていくと、やはり人気があるのがAI、そしてセキュリティー分野といった今伸びている情報学科になります。2年連続で倍率が上昇しているのが分かります。

また、倍率が9倍となっている社会工学科の建築デザインがありますが、これだけ見ると建築も人気!?と思いいがちです。

ここがこれだけ高くなっている理由は、募集人員が25名のみといったこともあげられます。

それ以外の理由として、結果から情報工学から電気機械にしようという人や生命応用化学から電気機械にしようという人は多いですが、

建築から他の分野はあまりにも勉強内容が離れているため、建築一本で行くという人が多いこともここだけ倍率が高くなる理由です。

また名古屋工業大学の全体の倍率を見てみましょう。

年度全募集人数全受験者数倍率
H3079129053.67
H3179127453.47
R279138534.87

先ほど書いたように、周りに同等レベルの理系の大学がないので、攻めの受験か、守りの受験か?ということが分かります。

名古屋工業大学は二次の配点が高いため、センター試験の結果で本当は名古屋工業大学を受験したいけど、静岡大学にしようとはよっぽどセンターを失敗した人しかありません。

考えられることは、二次試験の勉強が思ったより仕上がらず、名古屋大学志望や周辺の旧帝大志望だけど、名古屋工業大学にしようと下げてくる層が多いか、少ないか?ということになります。

H31は出願数が少ないことから、そのまま名古屋大学、旧帝大に突っ込んでいった。

逆にR2は来年度は共通テストに変わるから、特に後期は守りで名古屋工業大学を受験する人数が爆発的に増えたというのがこの数字から見えます。

名古屋工業大学の2021年度の入試傾向の予想

さて、では2021年度はどうなるのか?といったことを考えてみましょう。

私の予想では2021年度はH31のような倍率に近くなるのでは?と思っています。

というのも、肌感覚ではありますが、共通テストが始まりましたがあまり、対策ができるようなテキストが多くなかったり、傾向がよめないため、「今年は準備期間、来年度が勝負」と考えている人が多いような気がします。

そして、それは上を目指している人であればあるほど感じます。

そのため、名古屋大学志望の人は、そのまま名古屋大学を受験していくと思います。

実際実力が周辺の地方国公立レベル(静岡大学、三重大学、岐阜大学)といった子でも名古屋工業大学を受験する人が多くなるかもしれませんが、きちんと実力をつけている子はちゃんと受かってくる受験になるのではという予想です。

【PR】

2021年度の名古屋工業大学は倍率と点数分布をチェック

さて、当たり前ですが、国公立大学は出願をどこで出すかによって合格、不合格の半分は決まります。

その時に倍率だけではなく、点数分布をきちんと見てください。

倍率だけではなく、点数分布も見ろ!

先ほども書いた通り、私の予想では倍率がH31のように低めになると考えています。

しかし、学科によっては高くなるところもあると思います。一方で倍率が高いからだめと言うのは安易すぎます。

模試などを見ると実際名古屋工業大学志望の子はどのくらいのレベルの子が受験してくるのか?という分布があります。

それはバンザイシステムでも見ることができます。

大事なことは、倍率高い!ヤバイ!ではなく、冷静に自分がどのレベルにいるのか?ということを把握して出願をすることです。焦らずにきちんと分布を見ましょう。

名古屋工業大学は結局2次試験が勝負!

さて、センター終了後の出願について書きましたが、名古屋工業大学はセンター450点、二次試験1000点という配点です。

今年教え子の中で名古屋工業大学を合格した中で、センター試験568点(63%)と言う子がいます。

ちなみに名古屋工業大学のセンターボーダーは72%~75%ほどです。

その子は玉砕覚悟で受験しましたが、きちんと合格をしてきました。もともとセンター試験が苦手で二次試験が得意ということを分かった上で出願させました。

実際、72%だと、センターの得点は648点です。名古屋工業大学はセンターを半分に換算をするので324点です。

一方で568点の子は284点なので、40点分の差があります。

一方で二次試験は1000点満点になります。1000点分の40点は4%だけ二次試験で他の子よりうまくいけば合格です。

それくらいの点数なら跳ね返せるという自信を持って送り出しましたが、実際にきちんと合格です。

名古屋工業大学志望の子は、共通テストの予測ができない、今だからこそ、2次試験の勉強に重点を置いて勉強すべきです。

【PR】

名古屋工業大学の倍率推移から見る、2021年度入試傾向予想!! まとめ

さて、まとめです。

まとめ
  • 情報系の学科はとにかく人気
  • 来年度の入試はおそらく責めの入試になる
  • 倍率は恐らくH31程度の倍率に収束
  • 名古屋工業大学志望の子は二次試験の中心の勉強がオススメ

とこんな感じでしょうか

どんな教材を使ったらいいのか?どの学科を受験したらいいか?などの質問があれば直接DMで(^^♪